Event is FINISHED

◆ABD(Active Book Dialogue)読書会:今、話題の「Teal組織」を1日で読了しよう!!キャラバン◆3日目@福岡

Description
◆ABD(Active Book Dialogue)読書会:今、話題の「Teal(ティール)組織」を1日で読了しよう!!キャラバン◆3日目@福岡

いま、話題の「Teal組織」の読書会を開催します。読書会といっても堅苦しくなく、読書が苦手な人でも楽しく読むことができる手法ABD(Active Book Dialogue)を用いるため、どんな方でも、たとえ本を読んでいない方でも気軽に参加できます。
是非、この機会にTeal組織を知り、ABDを体験しましょう。

▽開催概要
 日時:平成30年4月8日(日)13:00~18:00(受付:12:30~)
 場所:森のコミュニティルーム「風の森」
 対象:「組織」に関心のある方、「Teal組織や書籍「ティール組織」」に関心のある方、
    「ABD」の読書手法に関心のある方
 定員:15名限定
 開催サポート:亀井 直人(https://www.facebook.com/naoto.kamei)

▽Teal(ティール)組織とは
 次の組織モデルは、これだ。
 teal組織、それはまだ日本では新しい組織の考え方です。
 tealは自己組織化する組織と提唱され、その組織は従来組織の限界を超え、圧倒的な成果を生み出すとされています。
 そして、2018年1月「ティール組織」が刊行されました。
 本著紹介:「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」(1/24発売)
 ‭http://amzn.to/2FsLfzO‬

この「ティール組織」には、とても印象的な言葉が数多く記されています。
「組織ピラミッドのトップを務めるのはそれほど充実した仕事ではない、ということだ。身なりは立派で自信がありそうに見えても、大企業のリーダーたちの生活は静かな苦しみにつつまれている。とてつもなく活発な活動が、むなしい心の奥底を懸命に隠そうとするみじめな努力であることも少なくない」(p.13~14)
「中年の危機は達成型組織に典型的にみられる疾病だ。・・・そもそも仕事の意味は何なのかを疑問を持ち、もっと別のことをのぞむ人々が現れる」(p.52)
経営は結果を出すために命令と統制に依存しなければならない。前線の仕事は範囲が狭く、決まりきった仕事に近い。イノベーション、批判的思考、自己表現は求められない(認められないことも多い)」(p.39)

Teal組織という概念の出現は、私たちにどのようなことを伝えようとしているのでしょうか。「ティール組織」厚みは結構なものですから、読み進めるには時間が必要です。それをABDという手法を使って1日で読んじゃおう、というのがこの企画です。

▽ABD(アクティブ・ブック・ダイアログ)とは?
読書が苦手な人も、本が大好きな人も、短時間で読みたい本を読むことができる全く新しい読書手法です。1冊の本を分担して読んでまとめる、発表・共有化する、気づきを深める対話をするというプロセスを通して、著者の伝えようとすることを深く理解でき、能動的な気づきや学びが得られます。
 
▽ABDにおける8つの魅力
 1.短時間で読書が可能
 2.サマリーが残る
 3.記憶の定着率の高さ
 4.深い気づきと創発
 5.個人の多面的成長
 6.共通言語が生まれる
 7.コミュニティ作り
 8.何より楽しい!
 ABD紹介:未来型読書法 アクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)
 公式サイト:http://www.abd-abd.com/

今回、4/6久留米~4/7佐賀~4/8福岡と3日間かけて「ティール組織」読了キャラバンを開催するために、お二人のファシリテーターをお招きしています。

▽ファシリテーター
丹羽 妙(Niwa Tae)さん(NPO法人 場とつながりラボhome's vi/ファシリテーター)
1987年生まれ。京都大学在学中、京都市主催プロジェクト創発型審議会「京都市未来まちづくり100人委員会」に参加。これをきっかけに、場づくりの専門集団、NPO法人場とつながりラボhome's viに入門、2013年当団体のファシリテーターとなる。個性の輝く組織と社会づくりにむけ、企業、大学、市民組織に向けて、葛藤や対立などの感情を扱うコミュニティファシリテーションから、イノベーティブなアイディアを生み出すデザイン思考、自分の内面に気づく内省と学びの場まで、幅広いワークショップを展開する。

中小企業基盤整備機構経営支援部人材支援グループ人材支援アドバイザー http://tips.smrj.go.jp/
コクリ!プロジェクト スタッフ  http://jrc.jalan.net/cocre/


▽ファシリテーター
山本 彩代さん(NPO法人 場とつながりラボhome's vi/ファシリテーター、ファシリテーショングラフィッカー)
1990年生まれ、大阪府出身。 大学時代に地域での子どもと親の関わりづくりや、ゲートキーパー研修を目的とした対話の場づくりに関わり「多様な主体が学び合い、様々な目線から語り合う場」づくりの可能性を感じ、活動を始める。家族・地域・職場においてコミュニケーションが生まれ、活かし合えるアイデアや普段は交わされない意見などが話されることで、1人1人の想いや可能性を引き出す環境づくりを目指し、2015年よりhome's viに所属。
話されていることを可視化するファシリテーショングラフィックが強みで、企業・行政・NPO・大学での研修及び授業(計画的偶然性のキャリア、チームビルディング、ボランティアキャンプ、市民協働、ファシリテーショングラフィック、ABD読書会)や京都市伏見区にて市民活動創出コミュニティ「ふしざく」の企画・運営を行っている。


各自で本を購入していただく必要はありません。手ぶら・予習なしでも十分楽しめるイベントです。なお、会場で「ティール組織―マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」の販売を予定しています。イベント後に、「やっぱり全部読み直してみよう!」と思われた方は、一緒に持ち帰っていただくこともできます。

みんなで一緒に、未来への扉を開けていきましょう。

▽キャンセルポリシー
 実施日5日前(4/1)までのご連絡:無料
 実施日3日前(4/5)までのご連絡:料金の50%お支払い頂きます。
 実施日当日までのご連絡:料金の100%お支払い頂きます。
Sun Apr 8, 2018
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
便利に近く、喧騒から遠い、森のコミュニティルーム「風の森」
Tickets
一般(早割り:3/21まで申し込み) SOLD OUT ¥5,000
一般(通常) SOLD OUT ¥6,000
Venue Address
福岡県 福岡市博多区 綱場町1-17 福岡パーキングビル 9階 Japan
Organizer
SDGs推進ネットワーク in 九州
29 Followers
Attendees
12